一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | スタッフブログ

スタッフブログ

2018-04-17

今週のお花とゴールデンウィークについて




そろそろゴールデンウィークが近づいてきましたので、ゴールデンウィークのお知らせをここでもさせていただきます。ふるはし動物病院のゴールデンウィークは5月3日、4日、5日になりまして、午前中のみの診療となります。
時間は9時から12時までです。
この日も予約制になるのでご予約をしたうえで来院をおねがいします。
そして最近はフィラリア・狂犬病の予防時期になっていますので、予約もかなり混み合ってきています。
基本的に前日までに予約がいっぱいになってしまっていることが多いので、数日余裕をもってご予約いただけると希望の時間に予約を入れれることが多いです。
狂犬病・フィラリア・ワクチンをご予約される時はインターネットでご予約いただけると粗品をプレゼントしていますので是非インターネットからのご予約をお願いいたします。

2018-04-09

今週のお花



花材:レンギョ、トルコキキョウ、オンシジューム、シャクヤク、クジャクソウ、オニソガラム、レザーファン

このお花はシャクヤクという名前のお花だそうです。
とても大きくて存在感があります。
花びらが薄ピンクでとても可愛らしいですね✨
そしてこのお花の根は、漢方薬にもよく使用されているようで有名な葛根湯にも使用されているそうですよ!!
見た目も綺麗で体にも良いなんてすばらしいお花ですよね(^▽^)/

2018-03-26

今週のお花



花材:ラークスパー、トルコキキョウ、アルストロメリア、スターチス、SPカーネーション、花麦

もうすぐ新年度になりますね。
それに伴い狂犬病やフィラリアのシーズンになります。
この時期は混み合いやすくなります、診察やフィラリア検査のご予約は14日先まで予約が出来ますので早めの予約をおススメします。

2018-03-19

今週のお花




使用花材:コデマリ、木藤、ラークスパー、バラ、トルコキキョウ、アルストロメリア、スターチス、レザーファン

2018-03-12

今週のお花



花材:コデマリ、アルストロメリア、SPマム、スイートピー、ナデシコ、カーネーション

2018-02-26

今週のお花



花材:彼岸桜、アルストロメリア、ストック、SPカネーション、ラークスパー、ゴット

2018-02-19

今週のお花


<今週のお花>


使用花材:姫ミズキ、バラ、スイトピー、菜の花、フリージア、ゴット

2018-02-13

今週のお花



花材:テゴマリ、ヒマワリ、ラークスパー、カーネーション、ゴット


よく来院されている方はご存知だとは思いますが、待合室にドリンクサーバーが置かれています。
こちらはどなたでも飲んでいただいて大丈夫なので、来院された際にはご自由にどうぞ。
種類は緑茶、麦茶、りんご風味水、コーヒー、お水です。
冷たくも暖かくもできるので季節に合わせて選んでいただけます。

皆さんりんご風味水をりんごジュースだと思って飲まれている方が多いみたいですが、ジュースだと思って飲まれると少し味が薄く感じてしまうと思います。(-_-;)
どれもおいしいので来院された際にはぜひ♪
写真を撮ったのですがボケてしまいました(´;ω;`)

2018-02-05

フェイクスイーツ


少し早いですが、来週はバレンタインですね♪
現在、待合室の一部がバレンタイン仕様になっています!

もちろんニセモノです(笑)
粘土でできているので、フェイクスイーツです(^ ^)

時々「チョコを食べてしまった!」と、
ご相談のお電話をいただきますが、心配であれば早めの受診をおススメします!
”少しだから大丈夫だろう”と思っても、それは私たち人間にとっての”少し”であって、
体の小さなペットたちにとっては少しではないんです(;´・ω・)
人間もペットたちも毎日楽しく過ごすためにも誤食には気を付けましょう!

<今週のお花>


使用花材:桃、グロリオサ、チューリップ、スイトピー、サンデリアーナ、レザーファン


2018-01-29

今週のお花とぬる君の近況報告(=^・^=)



花材:姫水木、グラジオラス、チューリップ、スイートピー、ドラセナ、ゴット


季節を先取りしてチューリップも飾っていただきました。
まだまだ寒いですが、春の花を見ていると心が温かくなりますね(^▽^)/


今日は久しぶりにぬる君に登場してもらいます。
寝起きを起こして撮影したので少し不機嫌です(^_^;)

しっぽの付け根に寝癖を発見しました(笑)

ずっと前からダイエットをしているのですがなかなか体重が落ちません。
でも一番太っていた時は7㎏あったのでその時と比べれば落ちてはいますが…。
皆さんもペットの体重管理難しい子もいますが気を付けてあげてくださいね!

<< Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL