一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 院長の独り言

院長の独り言

2020-10-09

大人の遠足パート5


パート5は御嵩宿から伏見宿、太田宿の往復26キロです。ほとんどが国道21号線沿いになります。所々に道標がありますが見落としてミスコースしてしまいました。宿場町も整備されており普通の街になってます。

2020-10-09

大人の遠足パート4


今回は細久手宿、御嵩宿の往復18キロです。ここからは山道と国道を走るルートです。御嵩宿には名鉄広見線の駅があります。

2020-10-09

大人の遠足パート3


中山道大人の遠足パート3は大湫宿から細久手宿の往復16キロです。ほとんどが山道で昔ながらの石畳や首なし地蔵などの道祖神があります。距離は短いですが険しい山道です。

2020-10-09

大人の遠足パート2


中山道一人旅、大人の遠足は中津川宿、大井宿、大湫宿の往復30キロ。このエリアは町中と山道があり特に大湫には樹齢1300年のご神木があります。しかし豪雨で倒木しており大変なことになってました。

2020-10-09

中山道大人の遠足パート1


ウルトラマラソンがなくなりモチベーションを上げるために中山道を走ることにしました。目標は岐阜県内17宿162キロを宿場町ごとの往復としました。
パート1は6月に走った妻籠宿をスタートとしました。妻籠宿、馬籠宿、落合宿、中津川宿の往復36キロです。ここは山道が多く、昔ながらの中山道が楽しめます。また妻籠、馬籠の宿場町が観光地となります。コロナの影響で観光客はいなく寂しい感じですが町並みは風情があり楽しめます。

2020-06-22

自粛解除での久々のラン


6月下旬に他県に移動解除となりいつも近所を走っていたので久し振りに岐阜県から長野県にまたぐ中山道を走りました。中津川宿をスタートして落合宿、馬籠宿、妻籠宿まで走りUターンして中津川宿に戻るルートです。観光客もいない1人旅でしたが江戸時代にタイプスリップした気分で走りました。

2020-06-22

温故知新


当院の隣にあるトリミングルームは開業した平成2年当時5年間使用していた動物病院です。感染症対策を意識したわけでもなく完全にクローズカウンターです。昔の人の医院もこんな感じでした。このスタイルは感染に対してきっと意味があったもしれません。インテリアを重視したオープンカウンターがビニールカーテンを垂らしてコロナ感染予防になるとは夢にも思いませんでした。

2020-06-19

コロナ禍で考えること!


まさかこんな状況になるとは考えもせず今を過ごしています。未知のウィルスのコロナ感染症はたった60日で世界中をパニックに陥れました。現在も多くの感染者が出いる国もある中、2か月の自粛生活を経て日常に戻りつつあります。Withコロナでこれからの生活様式も以前とは異なることとなります。日常生活を普通に過ごせることの大切さを痛感した感じです。幸い動物病院は普段通りの診療をおこないましたが患者様やスタッフを感染症から守るため3密を考えた診察となりご迷惑もおかけしました。今後、コロナ感染症が終息するためには早期のワクチンの開発が急がれますね。私個人ではすべてのマラソン大会は中止となり30回完走を目指すウルトラマラソンも来年以降になるかもしれませんが健康で日常生活がおくれることの大切さを感じながら診察を行っている今日この頃です!

2020-06-19

ふるはし動物病院は30歳です!


1990年4月19日に開業したふるはし動物病院は今年で30歳です。30年間はあっという間に過ぎてしましましたが節目と考えず通過点としてこれかも頑張りたいと思います!多くのペットの健康を願いながら日々精進していきます!!

2020-01-08

還暦を迎えて目標は!


2020年で私は60歳を迎えます。開業して29年、獣医学の進歩に遅れまいと頑張ってきました。さらに精進していきたいと思います。私ごとですがウルトラマラソン完走29回であと1回で30回となります。47歳で初めて12年間毎年どこかのウルトラマラソンを走ってきました。ゴールにたどり着けなかったのはモンブラン160キロトレイ(UTMB)と萩往還250キロだけです(ちなみに萩往還250キロはリベンジしました)。今年は還暦を迎えてウルトラマラソン30回の完走をしさらに走り続けることを目標にしています。年をとるごとに体力は落ちていますが故障せず継続して走りたいです。写真は29個のマラソン完走メダルとスタッフから頂いたメダルです。走ることを許していただいている家族とスタッフに感謝です!

2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL